2014年09月27日

花子とアン 最終週の感想 かをる子様結婚 醍醐さん腹心の友

「花子とアン」がついに終わってしまいました。
それほどさみしくは無いかな(笑)
あれやこれやつぶやいて達成感!

最終週(曲がり角の先に:154、155、156話)に茂木先生出さなくても。
赤毛のアンがようやく出版されるという大事なとこだよ。
何か月も待たされたのよ。
セリフ多いし!小鳩書房の社長かよ!
曲がり角の先に茂木センセー!

9月24日あさイチの朝ドラ受けで柳沢さんが「なんで茂木さん?」「棒読み」
って言ってくれてスッキリしました。
赤毛のアンに対する思い入れは脚本家の中園さんより
茂木さんのほうが上みたいですけどね。
こんなに赤毛のアン関連本を出版されている茂木健一郎氏。
「赤毛のアン」で英語づけ
「赤毛のアン」に学ぶ幸福になる方法 (講談社文庫)
「赤毛のアン」が教えてくれた大切なこと (YA心の友だちシリーズ)
続きを読む
posted by ウォッカ at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花子とアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

花子とアン 感想 90話 蓮子を心配する伝助

花子とアン【第15週】「最高のクリスマス」
90話 7月12日
伝助「どげんしたとか」「腹でも痛いとか」「もう東京が恋しくなったとか」
って今日の伝助(吉田鋼太郎)も素敵。

本当に蓮様はどげんしたとか。
なぜそこまで龍一(中島歩)を?
もっと伝助がひどい人じゃないと蓮様を応援できないよ。
蓮子や龍一の魅力も伝わるように描いてよ。

87話(7月9日)も伝助の魅力が炸裂してたな。
テアラをプレゼントして蓮様のご機嫌うかがい。
あー、また蓮子とデンがすれ違ってるとも思ったけど。

連続テレビ小説「花子とアン」完全版 Blu-ray-BOX -1
連続テレビ小説「花子とアン」完全版 Blu-ray-BOX -1
9月24日発売

続きを読む
posted by ウォッカ at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花子とアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

花子とアン 感想 77話 伝助がお土産もってカフェードミンゴへ 第13週

【第13週】「その恋、忘れられますか?」
77話 6月27日
はなのために村岡印刷へ乗り込む蓮子。
「ちゃんと向き合わないで逃げるなんてひきょうよ。
はなちゃんのためにこぴっと向き合ってあげて」
というセリフがあったけど、蓮様も石炭王と向き合って欲しい。
伝助(吉田鋼太郎)いいとこいっぱいあると思うの。

カフェーに現れてはなにおみやげをいっぱい渡すなんて素敵じゃない。
伝助「あんたがはなちゃん?」
(演出家のこだわりではなちゃんと呼ぶとき筑豊弁ではなく
蓮子と同じ発音にしたそうです)

伝助のおみやげ
・博多帯
・甘夏みかん
・有明の海苔
・カステイラ
・スルメ


続きを読む
posted by ウォッカ at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花子とアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

花子とアン 感想 第10週 蓮様が石炭王を看病 本を出版

花子とアン【第10週】「乙女よ、大志を抱け!」

今週の見どころは蓮様の看病!(6月4日放送・第57話)
倒れた石炭王(吉田鋼太郎)を蓮子(仲間由紀恵)が看病しました。
「お前が看病しちゃるとはなあ。倒れてみるもんばい」と伝助。
お粥をフーフーして石炭王に食べさせてあげる蓮子。
その後の二人が気になるのに、木・金・土曜と二人は登場せず残念。
ツイッターには「#蓮子とデン」というタグが!

もも(土屋太鳳)の告白も見どころでしたね。
朝市(窪田正孝)の告白の練習もなかなか。
あれ?主人公の見せ場は?(笑)

6月3日放送・第56話で蓮様からはなへ小包が。

蓮様の住所、福岡市嘉穂郡小谷・・・でした。
福岡県嘉穂郡じゃなくて。

小包の中身は蓮子が出版した本でした。
蓮様が出版した歌集踏繪(踏絵)がAmazonで売られてるとは。
続きを読む
posted by ウォッカ at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花子とアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

花子とアン 感想 第31、32、33、34、35、36話 第6週

花子とアン【第6週】「腹心の友」
5月5日(月)〜5月10日(土) 第31、32、33、34、35、36話

いきなりの「はなちゃん」「蓮様」呼びに朝からびっくり。
目覚めたー!!

醍醐さん(高梨臨)なんていつまでたっても醍醐さんなのに。
そういえば下の名前なんだっけ?と調べちゃったよ。
醍醐さんは亜矢子という名前なのね。

アルバイト先では小間使いさんと呼ばれるし、花子と呼ぶ人なんていないじゃん!
と思いつつ見ていたら、蓮子(仲間由紀恵)からはな(吉高由里子)にペンネームの提案。
翻訳者 安東花子
歌人 白蓮
しおりにしたためたのでした。
このしおりが36話の冒頭に登場。
時を経て翻訳の仕事をしているはなが持っていました。

ちなみに、はなのアルバイト先のモデルは銀座の書店・教文館だって。
(NHK出版の宣伝 ‏@nhkpb_text より)

アンを抱きしめて―村岡花子物語
アンを抱きしめて―村岡花子物語

続きを読む
posted by ウォッカ at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花子とアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする